医学部受験に特化している

医学部受験は一般の受験とは異なる特殊なものです。単科医大の問題は他の国立大等と比較しても非常に難易度が高いことが知られていますし、学校ごとに傾向が異なるので個々の対策が必須となります。また、総合大学の医学部であっても他学部にはない面接や小論文が課されることもあります。医師となるにふさわしい精神性や時事問題に対する知見を持ち合わせているかを判断することが目的であり、合否に大きな影響を与える部分ですが、一般の予備校や学校での勉強ではこの部分をカバーすることはできません。医学部予備校であれば医学部受験に特化しているため、一般科目の学習はもちろん、面接や小論文の対策まで余すことなくサポートしてくれます。

一人一人へのサポートが手厚い

多くの医学部予備校では1対1での個人指導や進路指導の機会が設けられています。医学部受験は非常に苦しい戦いとなるため、メンタルやモチベーションのケアも重要視されているのです。また、上述したとおり医学部は各大学によって出題傾向が大きく異なります。比重が重い科目がそれぞれ異なるため物理化学が得意な学生が集まる学校、英語が得意な学生が集まる学校等の特徴が分かれます。そのため、受験を成功させるには自分の得意科目や成績に応じて適切な受験校を絞る必要があるのです。医学部予備校では医学部出身者や現役医学部生が講師を務めることが多いため、進路指導によって受験生一人一人に応じた最適な受験戦略をたてることができるでしょう。